このサイトは、日本の最北端・北海道稚内市の広報活動の取り組みとして運営しています。

音声データはMP3形式のファイルです。再生ボタンをクリックすると、ウインドウズ・メディア・プレーヤー(Windows Media Player)が起動します。再生に時間がかかる場合は、再生ボタンを右クリックして「対象をファイルに保存」を選んでダウンロードしてからお聞きください。

2020年08月03日放送

第158回「稚内市中小企業振興基本条例の基本理念・基本方針に基づく、中小企業振興助成金と新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業者向けの支援策」

 第158回「稚内市中小企業振興基本条例の基本理念・基本方針に基づく、中小企業振興助成金と新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業者向けの支援策」について、水産商工課商工労働グループの中村友紀主任に聞いています。

20200803.JPG
商工労働グループ 中村友紀さん

クリックしてスタート

2020年07月06日放送

第157回「稚内市のごみ事情について・犬の登録と狂犬病予防注射について」

 稚内市のごみ排出量は全道・全国平均で比べると、残念ながら多い結果になっています。
 ごみの量を減らすためには市民一人一人の工夫や取組が必要不可欠です。
 今回は食品ロス対策や「3R」の取組みついて、稚内市環境水道部くらし環境課 藤田彩夢さんに伺いました。

20200706.JPG
くらし環境課 藤田彩夢さん

クリックしてスタート

2020年06月01日放送

第156回「稚内市の鳥獣被害対策について」

 ここ数年、市街地でもエゾシカが珍しくなくなるほど目撃されています。
 これらエゾシカをはじめとする鳥獣被害はいま、北海道全体の共通した悩みの1つで、エゾシカとの衝突事故や、熊の目撃情報、最近はアライグマの情報も多くなっています。
 今回は市で行っている鳥獣被害対策について、今年度の取組み状況や今後の取組みについて、農政課 小川さんにお話しを聞いています。

20200601.JPG
稚内建設産業部農政課主事 小川隼希さん

クリックしてスタート

2020年05月04日放送

第155回「ひきこもりサポート事業について」

 全国的に社会的ひきこもりが増加しているといわれ、また、所謂「8050(マチマルゴーマル)問題」をはじめ、生活に困難さを抱える家庭が増えていることから、稚内市では、令和2年度から必要な支援に取り組んでいくことといたしました。
 まずは、相談窓口を開設するとともに、地域における実態の把握を進め、支援のために必要となる取り組みを進めていきます。
 今回は稚内市生活福祉部 地域共生社会対策監の高師さんにお話しを聞いています。

20200504.jpg
地域共生社会対策監 高師伸恵さん

クリックしてスタート

2020年04月06日放送

第154回「工藤市長に聞く」

 総合計画の5つの基本目標と市政執行方針についてです。
 既に新たなまちづくりの指針「第5次稚内市総合計画」がスタートしており、3月議会の市政執行方針でも、総合計画の5つの基本目標を踏まえた上で、今年度の市政の運営方針が述べられていました。
 今回は工藤市長にご出演頂きます。

20200406.jpg
工藤広稚内市長

クリックしてスタート

2020年03月02日放送

第153回「稚内市における在宅医療・介護の連携について」

 第153回「稚内市における在宅医療・介護の連携について」がテーマです。
 長寿あんしん課 包括支援グループ主査 三宮正美さんに伺っています。

20200302.jpg
長寿あんしん課 三宮正美主査

クリックしてスタート