« 第139回「今年度の稚内市の観光について」 | トップページ

第140回「稚内市の認知症施策の紹介」

 今や日本は超高齢化社会です。稚内市もその例にもれず、2025年に3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という時代を迎え、認知症高齢者数も更に増加することが見込まれています。
 そこで今回は認知症施策の概要と、新たに開始した「認知症高齢者等見守り・SOSネットワーク事業」について紹介します。

20190204.jpg
長寿あんしん課主査 三宮正美さん

クリックしてスタート